公開
ニュース

The Japan Store Isetan Mitsukoshi パリにオープン

三越伊勢丹グループが、The Japan Store Isetan Mitsukoshi をパリに10月1日にオープンしました。日本ブランドの欧州の発信拠点として、選ばれた都市パリ。三越伊勢丹グループのThe Japan Storeオープンによって、日本企業のパリ進出にますます拍車がかかりそうです。

7月初旬に開催された第17回Japan Expoにもご出展いただいた三越伊勢丹グループの待望のコンセプトストアがグランドオープン。

Japan ExpoのSNSでも開店前9月から5回に渡ってフォロー をさせていただいております。大変反応がよく、現時点(10月10日)で約20万人が関心を持っているようです。

フランスのパリ日本文化会館のグランンドフロアに位置する店舗は、「Art de Vivre du Japon」(日本の芸術的生活)をストアコンセプトとして、パリからモノを通して日本の美意識を発信する欧州の重要な拠点となります。

日本文化会館の入り口左手に位置する店舗。15区のセーヌ河沿いに位置する日本文化会館の通りは、ガラス張りでエッフェル塔を訪れる観光客もひっきりなし。The Japan Store Isetan Mitshukoshi Parisのオープンによって、目的地に行く前に立ち止まる観光客の姿も増えそうです。

オープン前日に開催されたパーティーにもご招待いただきました!

その時の様子をご紹介します。

プレオープンの招待状には、The Japan Store Isetan Mitsukoshi Parisのキービジュアル。

 

俵屋吉冨の寒天の和菓子。これを見て、フランスの方はpâte de fruitパット・ド・フリュイ(果物を煮て作るゼリー)を思い浮かべるかもしれませんね。和菓子とパティスリー、似て非なるもの。フランスでの和菓子ブーム到来が期待できそうです。

フランス人パティシエが日本食材に影響を受けて生み出された商品も並んでいます。フランスから日本へ、そして再びパリへ。まさに日仏マリアージュの賜物。

 
 

 

こちらは、少し大きめの『落雁』?と思いきや...

 
 

食べられません!

答えは、WAGASHIZANMAI 。和菓「子」ではなく、和菓「紙」。

日本の伝統、風習、繊細さがそろった芸術作品。祝い菓子をつくる木型から、個々の和菓紙は起こされています。裏に心のこもったメッセージをしたため、お礼やお祝いのカードとしても使えるそうです。欧米の方けでなく、日本の方々とも分かち合いたいモノです。

プレオープンでは、上階でおもてなしが催されました。和菓子バー?!

日本からの観光客の皆様にもぜひ訪れていただきたい名所です!

所在地:101 bis, quai Branly 75015 Paris    

              パリ日本文化会館GFショップスペース

               URL : http://thejapanstore.mistore.jp/

 

Japan Expoは、「パリに店舗を開きたい」、「フランスで販路拡大したい」とお考えの企業様を応援しています。どうぞお気軽にご相談下さい!

コンタクトジャパン: contact-japan@sefa-event.com

フォローして下さい。

公開

Japan Expoのおススメ

公開
公開
公開
公開
ログイン
して下さい!
ログイン
又は
パスワードをお忘れですか。